いよいよ平成から『令和』の元号へ

 
徒然なるままに

 

元号が新しく『令和』になります。

これに伴い10連休が続きます。

日本中が、祝賀と混雑の10日間となるのでしょうか。

ところで、

この『令和』が決まった経緯に関しては、いろいろ言われていますが、

ともかく、政府の正式発表は、

万葉集の一部から引用された二文字が『令和』との説明です。

 

万葉集

 

『令和』は、万葉集の「梅の花の歌」の序文にある文字から選定。

 

現代日本語訳の一例》太字は新元号に直接関わる語。

時は初春しょしゅん月(※この場合『令』は“物事のつやがあるように美しい”の意)であり、空気は美しく、風は和やかで、の前の美人白粉おしろいで装うように花咲き、は身を飾るころもまとこうのようにかおらせる。

 

上記がその意味と説明されています。

この『令和』についての政府の公式見解は、

ローマに表示では、Reiwa であり、英文での説明は、

Beautiful Harmony となっています。

『令和』の「令」の漢字は、法令、命令の意味と令嬢、令室等

の二種類があり、「秩序ある平和」とも「麗しき平和」とも解釈されます。

良い意味に解釈することが大切なことです。

 

ところで、西暦と和暦を併用することには、

メリットとデメリットがあります。

歴史を振り返ったり、イベントの表現等で、

色んな場面で使い分けることが必要でしょう。

 

日常的には、西暦と和暦の変換が必要な場合があります。

スマホ等で簡単に変換する方法はあります。

 

しかし、頭の中で変換する方法は、下記のようになります。

元号   西暦    変換計算例

明治元年 1868年  1887-67=明治20年

大正元年 1912年  1919-11=大正8年

昭和元年 1926年  1947-25=昭和22年

平成元年 1989年  1999-88=平成11年

令和元年 2019年  2020-18=令和2年

上記の赤い数字を記憶しておく必要があります、

更に、改元の年の月日まで確認するとすれば、

境目も考慮する必要で、結構面倒ですね。

 

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL