ブラウザーの使い分けで気づいたこと

 
アダルトアフィリエイト - 徒然なるままに - 徒然日記

 

   

 

ブラウザーを機能別に使い分けるつもりで、

三本を使い分けようと思い、実際に運用をはじめました。

 

 

ベースはChromeにしておくことにしました。

 

ここには過去のブックマーク等が数多く残されており。

なにかのためにという意味で保険用のブラウザーとしました。

 

今、取組中のアダルトアフィリエイト用には、

画面カット機能を便利に使うためにFirefoxを専用ブラウザーに

利用することにしました。

 

そして、

 

ユーチューブ等の煩わしい広告カットのために、

更に、高速ブラウザーということで、Braveを使いことにしました。

 

ところが、

 

この三本を利用することにしてから、

初めて気がついたことがあります。

 

Braveの広告カット機能が悪さをすることがあるということです。

 

今まで、気が付きませんでした。

 

Braveによる今までに発見した異常現象は下記のようなものです。

 

【長所】 ユーチューブの広告をカットできる・・・これが利用主目的
高速表示の評価が高い

 

【短所】 広告タグを排除するために表示に異常が生じる

WPのKaetenのテーマが表示異常となる
楽天アフィリエイトのツールが使えない
アフィリエイトコードでの表示が場合によっては異常
(アフィリエイトリンクのもの全てではない、
原因については詳細検討する予定)
ウエブ魚拓での記録も異常となることを確認しました

今まで、ワードプレスの異常表示が時々発生するので、
原因不明のままに、削除したりの処理をしていました。

ブラウザーのBraveに原因があったということに初めて気がついた
次第です。

 

知りませんでしたね。

 

  

 

確かに、利用するブラウザーにより、表示の機能の相違があることに
気がついていましたが、こんな身近なことで異常があったとは、、、。

 

これで、ある意味、安心した部分がありました。

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL