クレムリンについて

徒然なるままに

 

クレムリンは、ロシアの首都モスクワにある要塞です。

 

 

ロシア語でクレムリンは「要塞」を意味します。

 

クレムリンは1156年に木造の砦として建てられ、15世紀後半にイワン大帝によって現在の姿に改築されました。

 

クレムリンは、ロシア正教の総本山であるウスペンスキー大聖堂、ロシアの大統領府であるクレムリン宮殿、ロシアの歴史博物館など、多くの重要な建物があります。

 

クレムリンは1990年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 

 

クレムリンは、高さ20メートル、厚さ5メートルの赤レンガの城壁に囲まれています。

 

城壁には16の塔があり、そのうち最も高い塔はイヴァン大帝の鐘楼です。

 

イヴァン大帝の鐘楼は高さ81メートルで、クレムリンのランドマークとなっています。

 

 

クレムリン内には、ウスペンスキー大聖堂、ブラゴヴェシチェンスキー大聖堂、アルハンゲリスキー大聖堂など、多くの聖堂があります。

 

ウスペンスキー大聖堂はロシア正教の総本山であり、ロシア皇帝の戴冠式が行われた場所です。

 

ブラゴヴェシチェンスキー大聖堂はロシア正教の主要な聖堂であり、ロシア皇帝の結婚式が行われた場所です。

 

アルハンゲリスキー大聖堂はロシア皇帝の墓所であり、ロシア皇帝の遺体が安置されています。

 

 

クレムリン内には、クレムリン宮殿、ロシア歴史博物館、ダイヤモンド庫など、多くの重要な建物があります。

 

クレムリン宮殿はロシアの大統領府であり、ロシア政府の主要な建物です。

 

ロシア歴史博物館はロシアの歴史に関する博物館であり、ロシアの歴史に関する貴重な資料が収蔵されています。

 

ダイヤモンド庫は、ロシアの宝石や貴金属に関する博物館であり、ロシアの宝石や貴金属に関する貴重な資料が収蔵されています。

 

 

クレムリンは、ロシアの歴史と文化を物語る重要な場所です。

 

クレムリンは人気の観光地であり、年間1,000万人以上の観光客が訪れます。

 

 

 

クレムリンは、ロシアのモスクワにある城壁に囲まれた要塞です。

 

モスクワの中心部にあり、ロシア政府の所在地です。

 

クレムリンは1156年に建てられ、それ以来、モスクワの歴史の中心地となっています。

 

城壁は2,235メートルの長さで、16の塔があります。

 

クレムリンには、ウスペンスキー大聖堂、ブラゴヴェシチェンスキー聖堂、イワン大帝の鐘楼など、多くの教会や宮殿があります。

 

クレムリンは人気の観光地であり、ユネスコの世界遺産に登録されています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

クレムリンは、ロシアの首都モスクワの中心部にある要塞です。

 

ロシア語でクレムリンは「城壁」を意味します。

 

クレムリンは、1156年に木造の砦として建設され、15世紀後半にはイワン大帝によって現在の姿に整えられました。

 

クレムリンは、ロシア正教の総本山であり、多くの聖堂が築かれています。

 

また、帝政ロシアからソビエト連邦時代、現在に至るまで、ロシアの政治の中心地であり続けています。

 

 

クレムリンは、赤いレンガと白い石で作られた城壁に囲まれています。

 

城壁には16の塔があり、総延長は2,235メートルです。

 

城壁の内側には、ウスペンスキー大聖堂、ブラゴヴェシチェンスキー聖堂、アルハンゲリスキー寺院などの聖堂や、クレムリン宮殿、武器庫などの宮殿や建物があります。

 

 

クレムリンは、1990年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 

クレムリンは、ロシアの歴史と文化を象徴する重要な場所であり、世界中から観光客が訪れています。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL