日本の木組み技術に驚きました

徒然なるままに

 

先日のNHKのブラタモリで、岩国の錦帯橋が話題となっていました。

 

ここで、驚いたのは、日本式の木組みの技術でした。

 

 

究極の匠の技を実感するものでした。

 

 

そこで、この錦帯橋の木組みの技術について調べてみました。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/

錦帯橋は、山口県岩国市の錦川に架かる木造アーチ橋です。

 

 

1673年に完成し、2023年には創建350年を迎えました。

 

 

錦帯橋の構造は、中央3連が迫持式アーチ橋、両端2連が反りを持った桁橋構造です。

 

 

迫持式アーチ橋は、桁を水平方向に押し出す力を、アーチの形状によって支える構造です。

 

この構造により、桁の長さが長くても、アーチの形状によって支えられるため、強度を高めることができます。

 

 

錦帯橋の木組みの技術は、以下の3つの特徴があります。

 

 

  • 「組み継ぎ」の技術

 

 

錦帯橋の桁は、木材を継ぎ合わせて作られています。

 

この「組み継ぎ」の技術により、木材の長さを確保し、強度を高めることができます。

 

 

  • 「棹掛け」の技術

 

 

錦帯橋の橋脚には、棹掛けと呼ばれる木材が取り付けられています。

 

この棹掛けにより、桁を支え、アーチの形状を維持することができます。

 

 

  • 「楔」の技術

 

 

錦帯橋の桁は、楔と呼ばれる木片で固定されています。

 

この楔により、桁が外れないように固定することができます。

 

 

これらの木組みの技術により、錦帯橋は350年以上もの間、風雨に耐え続けています。

 

 

錦帯橋の木組みの技術は、日本の伝統的な木造建築の技術を代表するものであり、世界でも高い評価を受けています。

 

 

錦帯橋は、木組みの技術の粋を集めた、日本の誇る名橋です。

 

 

 

 

関連記事
  • アドセンスで稼ぐ方法

    アドセンスで稼ぐ方法

    インターネットを利用して在宅で稼ぐ方法はいろいろあります。商品やサービスに関する記事を書いて、成果かあれば、報酬をえるアフィリエイトがあります。これとは別に、記 ...

    2023/11/03

    徒然なるままに

  • 教育勅語に関しての評価

    教育勅語に関しての評価

    教育勅語に関しての議論が何回も議論されています。この内容に関しては、批判もありますが、是々非々で議論する必要があります。教育分野ででの指針づくりの参考として議論 ...

    2023/11/02

    徒然なるままに

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL