サッカー日本代表が初戦でドイツに勝利

 
徒然なるままに

中東が初めて舞台となったサッカーワールドカップ(W杯)がペルシャ湾岸の小国カタールで11月20日開幕した。

この大会に日本代表も参加している。

決勝戦に参加するためには、一次リーグで勝ち抜く必要がある。

ドイツ コスタリカ スペイン との四カ国で一次リーグでの争いとなっている。

この初戦のドイツとの戦いで、勝利しました。

 

世界の83%は日本敗戦と予想していました。

しかし、嬉しいことに予想は外れました。

日本が前半戦で一点をとられたものの、

後半戦で、一点確保し同点に追いつき、

更に、2点目を入れた。

あと、7分。耐えろ!

Fox が何度もこのゴールを再生していた。

あの二点目は針の穴を通すようなゴールでした。

前半戦の戦いでは、ドイツ側にボールを支配されて続けて、

これでは無理かとおもっていました。

ところが、後半戦になると流れが変わってきました。

どう見ても、身長、体格、ボール支配能力はドイツが勝っています。

このドイツを相手に、日本チームが唯一どこにも負けないのは団結力といわれています。

この団結力と戦略的な選手の起用が勝因と思われます。

勝利の笛が鳴り響くと、スタジアムの半分ほどを占める日本サポーターの大歓声が響き渡りました。

90分を戦い抜いた選手は芝をたたき、何度も両こぶしを掲げていました。

日本は初戦で、W杯で4度の優勝を誇るドイツに2-1で大金星を挙げたのです。

森保監督の采配が見事に的中したのです。

0-1で迎えた後半開始からMF久保に代え、DF冨安を投入。

最終ラインを3バックにして、前線の人数を増やした。

敵陣深く押し込むシーンが増え、ドイツに攻め込まれた前半とは別のチームになって主導権を握ったのです。

指揮官は後半途中から三笘、浅野、堂安、南野と攻撃的な選手を、迷わず、次々とピッチに送り込んでいきました。

大仕事をしたのは、途中出場の面々でした。

0-1の後半30分、

左サイドを崩した流れから堂安が同点ゴールを決めると、

8分後には浅野が豪快な逆転ゴールを突き刺したのです。

その後は、ドイツの猛攻を遠藤や吉田を中心にしのいで勝利をキープできたのです。

初の8強入りで「歴史を変える」と意気込む森保ジャパンが最高のスタートを切りました。

更に、初戦に勝利しただけでなく、サポーターのマナーに関しても称賛を受けています。

 

 

サポーターの文化もW杯を良きものとすると報道しています。

 

 

 

ドイツ相手の勝利に歓喜しながらも、現地で日本代表を応援したサポーターたちはスポーツ観戦のマナーも忘れてはいなかった。

今ではワールドカップのたびに注目が集まるが、今回のドイツ戦後も日本のサポーターたちはスタジアムで出たゴミを回収。

その冷静さとマナーには英『BBC』も脱帽している。

日本人を世界にアピールするチャンスとも言えます。

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL