国防の強化に先ずは増税とはなんということか

徒然なるままに - 徒然日記

 

 

中国が国防費を増額し、台湾侵攻危機の可能性があり、尖閣列島への中国海警局の監視船の領海侵犯の常時化、北朝鮮のミサイル多発発射等で国防の強化が叫ばれています。

 

ヨーロッパでは、ロシアのウクライナ侵攻戦争が長期化している状況が続いています。

 

 

この侵略戦争の教訓から自衛力の必然性が認識されています。

 

そんな状況の中で国防の強化の必要性が認識されて始めています。

こんな状況の中で、防衛力強化に関する政府の有識者会議は11月22日、防衛費増額の財源について「幅広い税目」での国民負担を求める提言案を岸田文雄首相に提出しました。

 

四半世紀もの間、消費税増税など財政緊縮路線によって国内総生産(GDP)と防衛費に代表される国力が停滞してきたというのに、まず増税せよとは、不見識としか思えません。

 

この有識者会議のメンバーの選定に問題があったのです。

 

 

岸田政権が財務省の傀儡政権としか思えない提言内容です。

 

長く続いた平和ボケのドイツと同様に我が国も平和ボケが続いています。

 

 

困ったものです。

 

 

 

関連記事
  • 中国のスパイ気球を撃破

    中国のスパイ気球を撃破

    アメリカが“スパイ気球”だとして撃墜した中国の気球です。米国大陸を横断して飛んでいた気球がスパイ気球ということで、米国空軍機が大西洋上に到達したところで米空軍機 ...

    2023/02/07

    徒然なるままに

  • 円安が心配ですか

    円安が心配ですか

    ところで、日本の通貨の『円』ですが、「相対的に防衛能力が高そうな通貨」であることは事実です。世界最悪の政府債務残高という誤解やハイペースで進む少子化、結果として ...

    2023/01/30

    徒然なるままに

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL