フラミンゴの羽がピンクなのはなぜ

徒然なるままに

 

 

フラミンゴの羽根がピンク色をしているのは、赤い色素を含むエビ、藻などを食べるからです1。

 

 

 

この色素はカンタキサンチンやβカロチンと呼ばれ、特にスピルリナという藻類に多く含まれています23。

 

動物園のフラミンゴは、体のピンク色を維持するために、βカロチンを添加した餌を食べています24。

 

ピンク色の体色は、繁殖のためにも必要なのだそうです2。

 

 

ラミンゴは、アフリカ、ヨーロッパ、中南米の塩湖や干潟に生息しています1。

 

アルカリ性の湖でも生息できる珍しい鳥です。

 

フラミンゴ科には3属6種があり、日本ではオオフラミンゴがよく見られます1。

 

オオフラミンゴは、アフリカ広域やユーラシア南西?南部に分布しています12。

 

 

オフラミンゴは、フラミンゴの中で最も大きな種で、体長が150cm近くにもなります1。

 

くちばしはピンク色で先端だけが黒く、曲がった形をしています2。

 

羽毛は白色で淡紅色をしていますが、雛の頃は灰色の産毛で白色です3。

 

オオフラミンゴは、塩湖やアルカリ性の湖に住み、濾過摂食で藻やプランクトンなどを食べます2。

 

寿命は25年ほどですが、飼育下では83歳まで生きた個体もいます2。

 

 

オオフラミンゴは、泥を盛り上げて作った巣に白亜の卵を一つ産みます1。

 

オスとメスで交代で卵を温め、約一か月で孵化します2。

 

雛は淡灰色から灰色の産毛で、親鳥のようなピンク色の羽になるまでには2年ほどかかります2。

 

雛は巣やその周辺に集まり、親から「フラミンゴミルク」と呼ばれる赤い分泌液をもらって育ちます3。

 

フラミンゴミルクは親鳥の胃壁から分泌されるもので、雛に必要な栄養素を含んでいます3。

 

 

オオフラミンゴは、人間以外にもいくつかの天敵に襲われることがあります。

 

その中には、ヒヒ1、ハゲコウ2、サンショクウミワシ2、ハイエナ、ジャッカルなどがいます。

 

ライオンもフラミンゴを捕食することがあると考えられますが、確実な記録はありません。

 

 

オオフラミンゴは、天敵から身を守るために、以下のような方法をとります。

 

 

群れやコロニーで生活し、数の多さで安全を確保する1。

 

湿地や池が乾燥して食料が乏しい年は、繁殖をせずに移動する1。

 

巣を作るときには、水辺から離れた場所や島の上に作り、陸からの侵入者を防ぐ2。

 

長いクチバシや足で攻撃することもある3。

 

 

 

関連記事
  • アドセンスで稼ぐ方法

    アドセンスで稼ぐ方法

    インターネットを利用して在宅で稼ぐ方法はいろいろあります。商品やサービスに関する記事を書いて、成果かあれば、報酬をえるアフィリエイトがあります。これとは別に、記 ...

    2023/11/03

    徒然なるままに

  • 教育勅語に関しての評価

    教育勅語に関しての評価

    教育勅語に関しての議論が何回も議論されています。この内容に関しては、批判もありますが、是々非々で議論する必要があります。教育分野ででの指針づくりの参考として議論 ...

    2023/11/02

    徒然なるままに

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL