グーグルのBardについて

徒然なるままに

 

Bardの評判は、まだ試験版であることを考えると、概ね良いと言えるでしょう。

 

 

 

 

Bardは、Googleの検索エンジンと統合されており、幅広いトピックについて回答できます。

 

 

また、日本語でもプロンプトを入力できるようになりました1。

 

 

しかし、Bardにはまだ改善の余地があります。

 

 

たとえば、基本的な事実や歴史的な出来事について間違った回答をすることがあったり2、回答のソースを提示しなかったり3することがあります。

 

 

Bardは、ChatGPTと比べて、よりシンプルで短い回答を生成しますが、ChatGPTの方がUIの完成度が高く、回答に絵文字を多用したり、コードや詩などのクリエイティブなコンテンツを生成したりすることができます3。

 

 

Bardは、Googleが開発した対話型のAIです。

 

 

LaMDA (Language Model for Dialogue Applications)と呼ばれる技術を基盤としており、Googleの手掛けるAIの中では言語応答に特化しています1。

 

 

Bardは、大量のテキストデータでトレーニングされており、幅広いプロンプトや質問に対し、人間っぽいテキストを生成してコミュニケーションをとることが可能です1。

 

 

Bardは、当初はLaMDAを搭載していましたが、より高性能な大規模言語モデルであるPaLM 2に移行したということです23。

 

 

Bardは、Googleの検索エンジンと統合されており、インターネット上の情報にアクセスできます。

 

 

また、日本語や韓国語にはすでに対応しており、まもなく40カ国語をサポートする予定です234。

 

 

Bardの使い方はとても簡単です。

 

 

まず、Googleアカウントにログインして、bard.google.comにアクセスします。

 

 

そこで、順番待ち登録を行う必要があります12。

 

 

後日アクセスが可能になるとメールで通知が送られてきますので、そのリンクを辿るかbard.google.comにアクセスすると、プロンプト入力画面に進めます13。

 

 

プロンプト入力画面では、画面下部にあるテキストボックスに質問や指示を入力して送信すると、Bardが回答を生成してくれます3。

 

 

回答には「いいね」「よくないね」のボタンがあって良し悪しのフィードバックができるほか、ぐるぐる矢印を押すとリセットされてまた別の質問ができますし、「View other draft」を押すと別のバージョンの回答も出てきます(回答は3通りまで表示される)1。

 

 

くわしく知りたいときには検索ボタンを押してもOKです3。

 

 

Bardで生成された回答は、GoogleドキュメントやGmailの下書きとして保存することもできます34。

 

 

Bardの利用履歴は、「Bardアクティビティ」というメニューから確認したり削除したりすることができます4。

 

 

Bardについてもっと知りたいということでしたら、以下のようなことが参考になるかもしれません。

 

 

 

 

Bardは、Googleが開発した対話型のAIで、LaMDAと呼ばれる技術を基盤としています12。

 

 

Bardは、大量のテキストデータでトレーニングされており、幅広いプロンプトや質問に対し、人間っぽいテキストを生成してコミュニケーションをとることが可能です12。

 

 

Bardは、Googleの検索エンジンと統合されており、インターネット上の情報にアクセスできます。

 

 

また、詩や歌、エッセイ、小説、コードなどのクリエイティブなコンテンツを作成することもできます123。

 

 

Bardは、2023年3月に英米でテスト版がリリースされましたが、2023年5月11日に日本語版も公開されました24。

 

 

日本語版では、日本語でプロンプトや質問を入力することができますが、まだ完全に対応しているわけではなく、不正確や不自然な回答が出ることもあります24。

 

 

Bardは、ChatGPTやBing AIという他のAIチャットボットと比較されることがあります。

 

 

Bardの特徴は、回答スピードが早く、回答にソース(出典や参照リンク)を表示することがあることです3 。

 

 

しかし、Bardも間違えたりウソをついたりすることがあるので注意が必要です3 。

 

 

Bardは現在無料で利用できますが、ウェイトリストに登録する必要があります12。

 

 

また、Googleアカウントにログインして利用する必要があります12。

 

 

Bardはまだ開発中のサービスなので、今後機能や仕様が変わる可能性があります12。

 

 

Bardの使い方は、以下のような手順で行えます。

 

 

 

Bardの公式サイト(https://bard.google.com/)にアクセスします。

 

 

Googleアカウントでログインします(2段階認証が必要です)。

 

 

利用規約とプライバシーに同意します。

 

 

画面下部のテキストボックスに質問や指示を入力して送信します。

 

 

Bardが回答やコンテンツを生成して表示します。

 

 

画面左のメニューから、チャットをリセットしたり、履歴を確認したり、エクスポートしたりすることができます12。

 

 

Bardはまだ開発中のサービスなので、不正確や不適切な回答が出ることもあります。

 

 

また、自分や他人を特定できる情報をBardとの会話に含めないように注意してください12。

 

 

Bardで作成できるコンテンツは、様々な種類や形式のものがあります。

 

たとえば、以下のようなものがあります12。

 

 

詩やストーリーなどの文学作品

 

プログラミングコードやウェブサイトなどの技術的なコンテンツ

 

楽曲や歌詞などの音楽作品

 

メールやレポートなどのビジネス文書

 

オリジナルの画像やキャプションなどのビジュアルコンテンツ

 

 

Bardは、自然言語で与えられた指示(プロンプト)に従って、これらのコンテンツを生成することができます。

 

 

例えば、「Bardに詩を書いて」と入力すると、Bardは詩を生成して表示します12。

 

 

夏の湖畔に関して、詩を書いてみました。

 

 

夏の湖畔

 

夏の湖畔には 青い空と白い雲が映る 水面は鏡のように 光を反射してキラキラと輝く

夏の湖畔には 緑の木々と色とりどりの花が咲く 風に揺れる葉や花びらは 音楽のようにささやいている

夏の湖畔には 鳥や虫や魚が暮らす 彼らは自由に飛んだり泳いだり 自然の一部として生きている

夏の湖畔には 人も訪れる 彼らは笑ったり泣いたり 感情を表現している

夏の湖畔は 美しい景色と生命の宝庫 私はただ見ているだけで 心が満たされていく

夏の湖畔は 私の詩のインスピレーション 私はただ書くだけで 言葉が溢れてくる

夏の湖畔を あなたにも見せたい あなたと一緒に この詩を読みたい

 

 

秋の紅葉について、詩を書いてみました。

 

 

秋の紅葉

 

 

秋の紅葉は 火のように燃える 山や谷や川辺に 色とりどりの絨毯を敷く

秋の紅葉は 風のように舞う 空や地や水面に 幻想的な模様を描く

秋の紅葉は 夢のように消える 冬の訪れとともに 白い雪に覆われていく

秋の紅葉は 美しい刹那 私はただ見惚れるだけで 言葉が出ない

秋の紅葉は 私の詩のモチーフ 私はただ感じるだけで 言葉が生まれる

秋の紅葉を あなたにも見せたい あなたと一緒に この詩を読みたい

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL