日本国紀もなんとか江戸時代を終わり、幕末に差し掛かっています。

久しぶりに本を熟読する楽しみを味わっています。

新しい単語や漢字をメモしながら読むので、読む速度は非常に遅くなります。

今までは、どちらかといえば速読法を良しとしていましたが、

今回は、内容を噛み締めながら、後戻りしながら読み進めています。

知らない表現や熟語や漢字も多く現れます。

できるだけWeb辞書で意味合いを確認しなが、難しい漢字は、ノーに書き写して、詳細を確認しながら読み進めています。

特に、人の名前は難しい、幸いに随所に振り仮名がふってあるのですが、直ぐには頭に残っておらず、もとに戻りながらメモを確認しながら読み進めています。

読書の楽しみを改めて感じています。

 

そういうわけで、下記の二冊も発注することにしました。

この二冊も熟読対象と思います。

時間はたっぷりあるので、熟読本を増やしていきたいと思います。

ついでながら、青空文庫で、吉川英治の「三国志」を読み始めています。

気分転換が必要と思ったからです。

読書の秋です、じっくりと読み込んでいきたいと思います。

 

青山繁晴のまいにち哲学 [日めくりカレンダー] ([実用品])
by カエレバ
ぼくらの死生観―英霊の渇く島に問う – 新書版 死ぬ理由、生きる理由 – (ワニブックスPLUS新書)
by カエレバ