未分類の記事一覧

 

日本国紀の副読本が、12/28の発売予定です。

発売前なのにアマゾンで第一位になっています。

日本国紀の本体と同様の状況となっています。

ちなみに、日本国紀は現時点でも第三位に位置づけられています。

歴史問題で、中国や韓国が日本の過去の出来事を批判しています。

中国や韓国の教科書が偏向教科書であるということは事実てあろうことは容易に推定できます。

しかしながら、日本国における日本の教科書もかなり偏向しているようです。

日本人独特の戦後の反体制史観と自虐史観が教科書の記述にも現れているようです。

我々は、中学、高校の日本史の歴史の授業では、近代史はほとんど教わることなく時間切れとなっています。

教師自身が正確に学んでいないからでしょうし、教科書の内容自体も偏向されていたのです。

戦後の教育界では、左翼思想の日教組が勢力をのばしていたからでしょうか。

そのことにスポットを当てたものがこの日本国紀の副読本かと思います。

問題提起の本として、改めて日本の歴史に関する教科書の記述を再点検してみたい。

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史
by カエレバ

 

未分類

やっとこさ、「日本国紀」を読み終わりました。

再度、最初から読み直してみたいと思います。

読後の感想としては、大変勉強になりました。

久しぶりに知的興奮を覚える部分もありました。

日本の歴史を改めて一貫して復習できました。

断片的な知識を一つの流れとして捉えることができました。

特に、大東亜戦争の前後の事情やその後の歴史については、学校では習っていません。

中学、高校でも三学期になると授業は受験勉強モードになり、

積み残しの教科書の部分をさっと読み飛ばす事になっていました。

教師も近代史、現代史には弱かったのかもしれません。

これらの時代には、取り巻く時代の背景や思想等により解釈が異なるからです。

三学期は、学校行事も多くなり、教師も生徒も授業に身に入らなくなってしまいます。

秋の運動会、文化祭、クリスマス、冬休み、年末年始、受験、卒業式等々と行事が

続くことになり、落ち着かない日々が続いていたように思います。

従って、歴史に限らずすべての教科で後半部分は授業内容が薄くなっていたように思います。

特に、日本史、世界史の授業では、この現象が顕著で、近代史は抜け落ちてしまっているのです。

今回の「日本国紀」は、この点、ボリュームの配分が、後半に重きを置かれているので大変勉強になりました。

全編を通じて、私自身の薄弱な歴史の知識の穴を埋めてくれました。

また、私自身の曖昧な日本語の表現に直面し、個々にネット辞書で確認することになりました。

ふりがなを振っていない漢字や熟語を読みや意味をネット辞書で確認することが多々ありました。

何はともあれ大変勉強になりました。

途中でメモした部分を補完しながら再度最初から読み直して見たいと思います。

ベストセラーになる価値ある一冊と思います。

 

 

未分類

日本国紀
by カエレバ

今話題の百田尚樹の日本国紀を熟読中です。
日本の歴史を改めて学び直しています。
学生時代は、歴史は受験のためだけで、
歴史的な事象と年表を暗記するだけでした。
正直なところ、歴史を真面目に学んだことはありませんでした。
NHKの歴史ヒストリアや歴史の選択等の歴史番組で改めて歴史の情報収集しています。
これらの番組は、歴史の断片を垣間見るだけで、そもそも「日本とは」とか「われわれ日本人とは何者なのか」
「現在の日本」はどんな位置づけなのかを歴史の流れとしてその概要を改めて見直すいい機会となりそうです。
百田尚樹氏の文章は分かりやすく、500ページの大部ながら無理なく読み勧めていくことができます。
久しぶりに、一行一行をじっくりと考えながら読み込んでいます。
歴史に関しては、視点により、いろんな解釈があることも事実であり。
一般論としては、当時の実権者の優位な視点からの書物や古文書が多く存在します。
歴史上の事件や事象は、いろんな視点からの解釈が必要ですが、この日本国紀は、
歴史の流れをスムーズな流れの中で捉えることが可能となっています。
何回か読み直しながら、改めて、われわれ日本人は何者なのかを考えていきたいと思います。
幸い、この日本国紀は、ハードカバーで装幀もしっかりしており、図表等もまったくない五百ページの文章だけ
大部にもかかわらず、価値ある一冊となっています。

日本国紀
by カエレバ

未分類

日本国紀
by カエレバ

今日本国紀をじっくりと読み込んでいます。
焦ることではないのでゆっくりゆっくりむ、後戻りしながら熟読中です。
やっとこ第四章の鎌倉のところまで来ました。貴族社会から武家社会への転換となったのが鎌倉時代から始まり、
これ以降徳川幕府から江戸時代が終わりまで続き、明治維新革命で終焉を迎えることになるのです。
日本文化の歴史、日本人の精神構造の中には武士の精神が奥深く根付いているということなのでしょうね。
読み進めながら同時に備忘録も書いています。正確に欠くことのできない漢字も多くあるので漢字の練習にもなっています。
これ以降も順次熟読していきます。
日本国紀とは、別の話ですが、これもアマゾンで購入した、英単語の語源図鑑を一日一ページのペースで読み進んでいます。
英語の文書をよむのに単語力の不足を実感しているからです。
英語は使わなくなるとどんどんわすれていきます。
英語力の劣化を少しでも防ぎたいからです。
英単語を語源から記憶していく、類似語頭へと発展させていくという方法は有効ではないかと思っています。
久しぶりに、日本史、英単語の基礎学力を強化していきたいと考えています。
頭をつかうことにより、健忘症、認知症の予防に役立てばと思うのですが、、、。

英単語の語源図鑑
by カエレバ

未分類