お気に入りのプラグインを簡単にインストールする方法

 

ワードプレスで利用するプラグインはサイトにいろいろな機能を拡張できます。

プラグインは、現時点で、55079個もあります。

この中から、インストールすべきプラグインを選ぶのは大変ですよね。

お気に入りのプラグイン

 

そこで、お気に入りのプラクインを事前に登録しておけば、

お気に入りのプラグインを簡単に選ぶことができます。

 

このプラグインのインストールを簡単に行う方法として、

1.Wordpress.orgにログイン登録して事前準備します

具体的には、 ここに登録します。そして、

利用したいプラグインを検索で選択して、個別にアクセスします、

その上で、「ダウンロード」の左側にあるハートマーク(❤)をクリックします。

これを繰り返して、必要とするプラグインをお気に入りとして選んでおきます。

これで「お気に入りプラグイン」の事前登録の準備ができました。

表示:お気に入り で登録確認もできます。

 

2.ワードプレスでのプラグインのインストール方法。

プラグインを1.で選択したお気に入りのプラグインをインストールするには、

「新規追加」で、「お気に入り」で、Wordpress.orgで登録したユーザー名を入力して、

「お気に入りを取得」します。

これで、1.で❤マークしたお気に入りのプラグインが表示されます。

ここで、必要なプラグインをインストールします。

これで、簡単に「お気に入りのプラグイン」がインストールできます。

そくて、プラグインを一括で有効化すれば機能拡張できます。

【注】この方法は、お気に入りの「テーマ」についても同様です。

 

以上の 上記の 1. と 2. の手順でワードプレスの初期設定が簡単となります。

是非お試しください。

それでも、この作業も結構面倒ですよね。

ワードプレスサイトを量産したい場合には更に便利な方法があります。

プラグインの「All-in-One WP Migration」を利用する方法です。

この方法は、次回の記事で説明します。

 

 

 

 

 

ワードプレスは変化に富むサイトづくりに便利です

ブログやサイトを作成する方法はいろんな方法があります。

無料で利用する方法、料金を払って有料で利用する方法があります。

具体的な方法としては、

A.無料ブログ、有料プログを利用する方法

B.サイト作成ツールを利用する方法

C.ワードプレスを利用する方法

上記の三パターンがあります。

今回は、ワードプレスを利用する方法を説明します。

ワードプレスは、度々バージョンアップがあります。

現時点のバージョンが、4.9.8になりました。

以前とは随分異なったものとなってきました。

今後もバージョンアップし続け、進化し続けていくと思います。

初期の段階から使い続けてきましたが、
目まぐるしくというほど毎回バージョンアップされています。

一昔前からは、自動的にバーションアップされるようになっています。

このことは有り難いことなのですが、残念なことに、 プラグインやテーマのバージョンアップには自動対応されません。

これらのバージョンアップも自動化されると良いのですが、、、、。

ところで、

ワードプレスを利用する場合に必要なのが「テーマ」というテンプレートです。

このテンプレートには、
ワードプレスセンターに登録されているものと、独自に登録する「テーマ」があります。

小生の場合は、3カラムのサイトを表示としています。

したがって、無料のテーマとしては、センターに登録された3カラムのテーマである、

TwentyFourteen(2014)
を中心に展開しています。

サンプルとしては下記です。

http://wp-idl01.senior7x.com/

それ以外には、
有料等で独自に利用しているのが三種類あります。

その1

WordPressテーマ「DigiPress -Mature-」ノーマルパッケージ

このテンプレートでの事例

http://senior7x.com/wp-idl002/

その2

この中で提供されているテンプレート(テーマ)での事例

http://senior7x.com/wp-idl001/

その3 そして、最近入手したのが

カエテングラフのテンプレート(テーマ)です。

このバリエーションとして、
目下テスト中のためにいろいろと試しています。

このテーマの機能テストのために作成したサイトが下記です。

http://senior7x.com/wp-kaeten01/

http://3senior.xii.jp/wpfnidl001/01/

http://seniorx.net/wp-idl00/

https://4senior.biz/wpfins/01/

https://4senior.biz/wpfins/02/

3カラムを中心としていますが、いろんなバリエーションが可能ということです。

何はともあれ、ワードプレスは使いやすい作成ツールと思います。